癒しの音楽 森林 いろんな森林パターンでリラックスしましょう!

2019年7月3日

<スポンサードリンク>

森林と聞くだけでリラックスできそうなイメージではないでしょうか?

今回の記事では森林というキーワードでこころ穏やかになりそうな癒しの音楽を集めてみました♪

どうぞ、脳から全身、心までリラックスできる音楽で癒されて下さいね。

 

一番人気記事で癒されたいあなたにおススメ!!

↓ ↓ ↓

◎久石譲 コンサート2018・2019【ジブリ曲】「癒しの音楽」特集!

癒しの音楽 森林「【癒し系】自然音 静かな森 “Quiet Forest Sound Meditation”」

森林にいるような静かな小鳥のさえずりが心地よいサウンドです。

聞いた途端、頭の力が抜けてす~っとします。

知らないうちに、こんなに力んでいたんだという気づける自然の音ですね。

 

知らないうちに多くの人間は「不幸だ」という思いに安住するように刷り込まれてしまっています。

なぜか、ネガティブの方ばかりに意識がいきやすくて、

気づかぬうちに そのループに入り込んだら なかなか抜け出せない。

 

「幸福」は人間の自然の状態であるのに、「幸福」になれていない。

せっかく幸福な状態であるのに、それを不自然だと感じ

わたしなんて滅相もないと

また、ネガティブ意識に向いてしまう。

 

ちょっと視野を広げてみてみよう。

あれ、意外と幸福!? と思わぬ気づきがあるかもしれません。

 

自然さん ありがとうございます。

 

 

<スポンサードリンク>

癒しの音楽 森林「リラックスCAFE MUSIC BGM – ジャズ&ボサノバBGM – 作業用&勉強用BGM – 森カフェ気分!!」

ピアノ、ギターの音色がゆったりと時間を感じさせるジャズ&ボサノバです。

森林の中のカフェでゆったりとコーヒーを飲みながら くつろいでいるような とても癒される音楽ですね☆

日常の疲れもじんわりと溶けていく感じです。

 

「この状態がいつまで続くのだろうか?」「かといってこれを抜け出したとしても 生きていけるだろうか?」

「前はこうだった」等

どうしてもこころは絶えず、未来の不安や過去の失敗などを考えている。

 

なぜ、そんなに過去のことを考えるのだろう?

去ったものは去ったもの。帰りはしない。

 

なぜ、ありもしない未来のことを考えるのだろう。

未来のことは何が起こるかわからない未知である。

そのようになるように計画を立てようと準備しようと

そのようになるとは全くもって限らない。

 

どうしても、考えるなら、じっくりと「不安なんだね」と向き合い さようなら。

 

今を感じて生きてみよう。

流れに身を任せてよう。その方が楽である。GOOD!!

 

軽やかな音楽に元気が出てきましたね♪

 

<スポンサードリンク>

癒しの音楽 森林「【ASMR風】1時間 自然音 落ち着く夜の森の音 3hour Nature Sounds of a night forest for Relaxing」

夜の森林で虫の鳴き声に癒されるサウンドです。

朝の爽やかな森林もよいですが、しんみりと夜の静かな森林のサウンドも落着きを増して癒されますね☆

より深くこころが静まります。

 

あの人は上司だから。あの人は仕事ができるから。あの人はお金持ちだから。

あの人は上、あの人は下。どちらが優れている。

そういう判断をして

 

それに対して

変に媚を売ったり、いい顔したり

変に自分を卑下したり、惨めになったりする必要はなく

 

それはただ、役割でそれを演じているだけなので 自分を閉じ込めなくていいんですよ。

 

みんな役割なのですから。

 

人間的に優しく謙虚な方の方が みんなが喜んでついていきますよね。

それがいい流れになって 勝手に回っていくようです。

 

反対に

いまだに自分はお金持ちだから、上司だから 偉いといつまでも勘違いして威張っている人はいます。

威張ったり、威圧的にするほど 表面的には良さそうで トップな人はそうであると納得しそうですが

結局は最後はうまく回らなかったたりするのではないのでしょうか?

 

しかし、そういう方も役割でしょうから、そういうやり方も見せてくれているのですね。

 

役割と思うと

もっと楽に生きられる。のではないでしょうか?

 

夜の森林でリラックスしていきましょう♪

 

 

この記事を書いた人

prajna(プラッニャ)

・謎のアラフィフ独身。女性。

・事務職たまに足圧マッサージもしている。

・記事を書きながら、本当は自分自身の日々のいろいろな疲れを癒していることや、気持ちのブレを自分に戻していることに気づく。