癒しの音楽 セロトニン増加で気持ちの良い眠りやストレス解消したいかたにおススメ

2019年6月18日

<スポンサードリンク>

「幸せホルモン」と呼ばれる「セロトニン」は、心の安定に欠かせない脳内物質です。 しかし、ストレスの多い生活や運動不足、夜型生活などを続けていると、セロトニンが分泌されにくくなるそうです。

セロトニンが増えると、目覚めがよくなり、頭がスッキリしてポジティブな気分で過ごせるようになりますし、表情も明るくなります。

今回の記事ではセロトニン増加でストレス解消や疲労回復、熟睡できそうな癒しの音楽を集めてみました♪

どうぞ、この癒しの音楽で疲れた心や体を癒されて下さいね。

 

一番人気記事で癒されたいあなたにおススメ!!

↓ ↓ ↓

◎久石譲 コンサート2018・2019【ジブリ曲】「癒しの音楽」特集!

癒しの音楽 セロトニン「セロトニン増加で気持ちの良い眠りに入れます【ヒーリング効果】」

優しい音色でこころやからだが癒されるヒーリング効果のある音楽です。

海辺のリゾート地にいる気分ような画像とマッチして、ゆったりとして日頃の疲れがとれるような感覚になりますね。

頭がふんわ~~りとしてセロトニンが増加して、いろんな思考が飛んで行ってしまいますね☆

 

例えば、仕事でなくてもいいですが 自分の行きたいところ、やりたいこと。

いろんな人から反対されたり、ネガティブなことを言われたりすることはあると思います。

やっぱりやめとこうかな・・・って思って、諦めてしまいますか?

 

また、こうなったらやっぱりイヤだな。や またこういう風になるだろう。など思考がまた動いています。

結局、過去と未来に行っちゃっている・・・。

 

でも、本当の自分は 体験したがっているのでしょう。

思いっきり前進とはいいません。少しだけ 前に進んでみませんか?

 

なにか、面白い体験が待っているのかもしれませんよ。

だって あなたの中から思いついたものなので、あなたの体験したがっていることだから。

 

頭の中がおもちゃ箱をひっくり返したみたいになっているのかもしれません。

この音楽でリラックスして いったん 整理してみてはいかがでしょう?

 

<スポンサードリンク>

癒しの音楽 セロトニン効果「自律神経を整える音楽~【幸せのセロトニン】森と水の静かな時間で副交感神経を優位にしリラックス状態にする~|Quiet time of forest and water」

静かでいて せつない感じもするリラックスできる音楽です。

画像と音楽が重なって、深い森の中で滴る水滴の音、高音の音色が心地よくやさしく心に染み渡ります。

なんだか じんわ~りと涙が滲んできて、なにかが癒されたのでしょうか?

 

苦難を乗り越えたりして、キラキラと輝くことが よいと思われがちですが

 

でも、へっぴり腰でも失敗しても、彼氏にフラれても、特に前に立ってスポットライトを浴びなくても

会社経営してなくても

 

あなたはあなたで必要な経験をしているのです。無駄なものを与えられることはなく、安心してくださいね☆

それも全部あなたです。素晴らしくて完璧なのです。

 

空は広い器で見守っています。風はあなたを優しく包み込んでくれています。

この優しい音色はほんとにセロトニンが増加しているようで こころを癒してくれますね☆

 

 

<スポンサードリンク>

セロトニン増加の癒しの音楽「【ヒーリング】 副交感神経を優位にしリラックス状態にする音楽 幸せホルモン セロトニン増加 【α波】」

ピアノのみの演奏で優しくこころに響きわたるようなヒーリングミュージックです。

なんて 心地よいピアノの音色なのでしょう!

画像の桜の木の優しさとピアノがマッチして穏やかになれますね☆

セロトニン増加で今この瞬間!しあわせホルモンでしあわせ感を味わってみてくださいね☆

 

相手は〈自分を映す鏡〉とよく言いますが

そうはいっても 絶対に違う や そうは思えない と認めたくなくダメージがある時がありますでしょうか?

 

それは一線を引いて 自分を守ろうとして

そこだけにフォーカスしてしまっていることが多いかもしれませんね。

 

その相手をもっと引いた視点でみると

もっと広い広い全体の一部だということに気づきます。

あらあら、この人も一生懸命、これが精一杯なのかもしれないね・・・という見方もできるかもしれません。

 

フォーカスし過ぎて苦しい時は この優しい音楽でリラックスして

そして、 澄んだ空気をいっぱい吸ってみましょう。

 

 

 

 

この記事を書いた人

prajna(プラッニャ)

・謎のアラフィフ独身。女性。

・事務職たまに足圧マッサージもしている。

・記事を書きながら、本当は自分自身の日々のいろいろな疲れを癒していることや、気持ちのブレを自分に戻していることに気づく。