癒しの音楽「フルート」の美しいメロディーで癒しの音楽タイムを過ごしたいあなたにおススメ!

<スポンサードリンク>

フルートは数ある楽器の中でもヒーリング力のある、そんな美しい音を奏でますよね♪

そんな癒し力満点のフルートの癒しの音楽動画を集めてみました!

クラシックからリラクゼーション系まで、どうぞ心が落ちつくフルートの美しいメロディーで癒されてください☆

一番人気記事で癒されたいあなたにおススメ!!

↓ ↓ ↓

◎久石譲 コンサート2018・2019【ジブリ曲】「癒しの音楽」特集!

癒しの音楽 フルートで癒される「心が落ち着くフルートの音楽と海の自然音、自然風景で癒されるBGV ~ スパ、アロマ、リラクゼーション、BGM」

深くリラックスできるような心が落ち着くフルートの音色とピアノの音色も入っています。

画像の美しい自然風景が優しいフルートの音色と調和し、日々の疲れた心や身体が癒されますね~☆

 

いろんなことが起こる毎日、仕事でミスをしたとき、告白して振られた時。

「なんて自分はダメなんだ」と自己嫌悪や自己否定をしてしまう時がありますよね。

 

そんな自己嫌悪になる私もOK。自己否定しまう私もOK。ネガティブな私もOK。

頑張ってるね私・・・。とほめてあげてください。

どんなあなたでもいいんです。

 

思いはコントロールできるものではなく、ただ湧き上がってくるので抵抗しても無理なので~す。

そうわかったら 楽になるようなこの曲はいかがでしょうか?

 

<スポンサードリンク>

クラッシックフルートで癒しの音楽 「クラシック音楽入門:フルート名曲メドレー(Introduction to the Classics:Famous Flute music medley)」

周りのバイオリンの音色と調和してフルートの優しい音が際立つクラッシック曲集です。

クラッシックはよくわからない方も、フルートのとても素敵な優しい音色が耳に入ってきます。フルート独奏はとくに胸にジーンとくるような感覚があります☆

 

いつもカサカサと慌てている人に、このフルートで落ち着いてくださいね。とお伝えしたいですね。(笑)

 

周りに車の運転で、やたら目的地に早く着こうとして、裏道などを走る人いませんか?

結局、後ろにいた車が先に着いていた。ということありますよね。

人生にも似ているところがあるのではないでしょうか?

 

ただ、早かろうが遅かろうが関係なく、その人の道を経験を重ねているだけではないでしょうか?

そんなに焦ってバタバタ慌てる必要もなく、楽しんでいきたいものですね。

 

何をそんなに生き急いで慌てているのでしょう?

そう思ったら ふ~っと一息。この曲集で落ち着いていきましょう~☆

 

 

01.J.S.バッハ:管弦楽組曲第2番 ロ短調 BWV1067 から   第7曲 《バディネリ》

02.テレマン:《無伴奏フルートのための12の幻想曲》から  第10番 嬰ヘ短調

03.J.S.バッハ:フルートソナタ第2番 変ホ長調 BWV1031 から  第2楽章 《シチリアーノ》

04.モーツァルト:フルート協奏曲 第1番 ト長調 K.313 第1楽章

05.モーツァルト:フルート協奏曲 第2番 ニ長調 K.314 第1楽章

06.ビゼー:《カルメン》 第1組曲から 「間奏曲」

07.ビゼー:組曲《アルルの女》 第2番から 「メヌエット」

08.ドップラー:ハンガリー田園幻想曲から

09.フォーレ:組曲「ペアレスとメリザンド」 Op.80 から  「シシリエンヌ」

 

<スポンサードリンク>

癒しの音楽「3 時間リラックスできる音楽 中国フルート ― 睡眠音楽 スパ 瞑想 療法」

とても心から癒されるような中国フルート曲です。

中国の風景を思わせる、また普通のフルートとは違った音色で空を舞うような感覚の曲調ですね☆

素晴らしい風景の中国に飛んでいけるようです。3時間BGMに流しても嫌味がないかもしれませんね。

 

英語全然話せないあなた。海外一人旅したことありますか?

 

以前、友人との海外旅行が楽しかったのに気をよくして、英語が話せないのに海外一人旅を決行☆

アジア圏なのでなんとかなるさ のお気楽さ()

 

でも、ほんとになんとかなり、海外の空気を吸うのも視野が広がりますね。これもひとつの経験としてよき成長をしました()

「絶対、大丈夫。」を心にまずはリラ~ックス。つねにリラ~ックスを心掛け、ひとりでも楽しい旅行でしたよ。

そんなリラックスしたいときにはこんな曲をどうぞ。

 

英語は結局は単語でしのぐ、単語しか出てこない、単語も出てこない・・・。()

でも必要な時に必要な人が現れるのです。不思議~。

あなたも挑戦してみませんか?人生はあっという間ですよ。

この記事を書いた人

prajna(プラッニャ)

・謎のアラフィフ独身。女性。

・事務職たまに足圧マッサージもしている。

・記事を書きながら、本当は自分自身の日々のいろいろな疲れを癒していることや、気持ちのブレを自分に戻していることに気づく。