癒しの音楽 パッヘルベルの【カノン】いろんな楽器で演奏した美しい響きを聴きたい人におススメ

2019年6月10日

<スポンサードリンク>

カノンとは複数のパートが同じメロディーを異なる時点からそれぞれ開始して演奏する様式の曲を指します。

有名な癒しの音楽『パッヘルベルのカノン』は、3つの声部が全く同じ旋パートを追唱し、それに伴奏が付けられたものです。

今回はいろんな楽器で演奏したカノンを集めてみました。いろんな表情の癒しの音楽カノンを楽しんでくださいね☆

一番人気記事で癒されたいあなたにおススメ!!

↓ ↓ ↓

◎久石譲 コンサート2018・2019【ジブリ曲】「癒しの音楽」特集!

癒しの音楽 カノン「カノンパッヘルベル:カノン ニ長調 (作業用)

心躍る雰囲気でもあり、物悲しい雰囲気でもあり、壮大でもあり繊細でもある 聴く人によってはその人の感じた曲調になるオーケストラの演奏です。 

何も考えずに ニュートラルにして 目を閉じて聞いていたくなる。 この音楽に身を任せて癒されてみてくださいね☆

 

ちまたで流行りの引き寄せ方法などいろんなやり方が本などでありますが

なかなか思っていることが叶わないということがありませんか?

こうなりたい。彼がほしい。こうでありたい・・・。

 

結局は叶うほうがよいことは叶うし、叶わないほうがよいことは叶わない。

あなたの体験に必要か必要ないかということでしょう。

 

真に大切なのは あなたの器の拡大だから

制限をされた願いの器からもっと大きい器には より多くの喜びが流れこむでしょう。

だったら起こるに身を任せていた方が楽ですよね~。

この音楽を聴きながら ほんわりしておきましょう。

 

 

<スポンサードリンク>

癒しの音楽 カノン「眠れる癒しのBGM パッヘルベルのカノン90分 ハープ Canon by Pachelbel」

パッヘルベルのカノンをゆっくりした速度でのハープで演奏です。

深い夜にハープの音色で全身に染み渡るようなイメージのカノンの曲調ですね。

静かに聞いていると こころの中から癒され じんわりと涙がつたいます。

 

愛はあるのか?と思う出来事や言葉をかけられたことありませんか?

でも、じつはそれも愛で現れているのでしょう。

 

渦中の中にいると全くそう思えないものですが、振り返ってみると私に何かを気づかせるためのものだった・・・

ということに気づきます。

 

夜あっての朝 同様。

愛ならざるもののお陰で 初めて私たちは

愛が何かってものを 理解できるのでしょうね。

 

そう気づいたら大丈夫。もとから大丈夫だったんです☆

さあ、飛び立つ時です。

 

<スポンサードリンク>

癒しの音楽 ピアノでカノン「カノン1時間【勉強用・作業用・睡眠用BGM】ピアノ/パッヘルベル/Canon1hour/Pachelbel /Piano/Instrument Music/CANACANA」

カノンをゆったり1時間ピアノのみ演奏です。

ピアノのみのシンプルさがこころと体をリラックスさせ、綺麗にしてくれる感じがします。

この素晴らしい音色に浸り ぼんやりとしていたいですね。

 

物事がうまくいっているときは とてもウキウキ テンションあがっていますよね。

それを十分味わってくださいね☆

そういうときこそ 感謝ができる。感謝したい。

 

それは、いろいろな体験をしてきたあなただから。

辛いことも悲しいこともあったからこその感謝ですね。

 

あなたはよく頑張りました。そして、成長できました。

 

 

 

 

この記事を書いた人

prajna(プラッニャ)

・謎のアラフィフ独身。女性。

・事務職たまに足圧マッサージもしている。

・記事を書きながら、本当は自分自身の日々のいろいろな疲れを癒していることや、気持ちのブレを自分に戻していることに気づく。