癒しの音楽「クリスタルボウル」の透明な音の響きで癒されたいヒーリング動画集。

<スポンサードリンク>

クリスタルボウルの透き通った癒しのメロディー。癒しの音楽としてすごいいいですよね♪

イライラしている気持ちがこの透明感のある癒しの響きで「スゥ~!」と消えていくようなヒーリング楽器「クリスタルボウル」

今回の記事ではそんな癒しの音楽「クリスタルボウル」の動画集を集めてみました。

心を静めてリラックスしたい時に、どうぞ目を閉じてゆっくり聴いて癒されてくださいね^^

 

一番人気記事で癒されたいあなたにおススメ!!

↓ ↓ ↓

◎久石譲 コンサート2018・2019【ジブリ曲】「癒しの音楽」特集!

癒しの音楽 山の中でクリスタルボウル「波動を上げる音楽 クリスタルボウルとウィンドチャイムのヒーリング ASMR Light-Workers」

波動を上げるために効果的なクリスタルボウルとウィンドチャイムを使ったヒーリング音楽です。

クリスタルボールと川のせせらぎの音や小鳥のさえずりが溶け込んでとても癒されますね。

ボ~ンと響く不思議な音色。静かに聞いていると胸のあたりが何だかシュワ~ッってして清められるような感じです。

音楽全体のと音量バランスが程良いので、とても心地いいですね☆

 

毎日、毎日 仕事や家事その他もろもろ物事に追われているあなた。

ちょっと、このクリスタルボールの音で本当の心の中を見つめてみませんか?

 

体のどこが痛みや圧迫感を感じるかな?本当はどう思っていたのかな?泣きたかったのかな?

と静かに目を閉じてこころに問いかけてみるのもいいかもしれません。

 

本当の想いをあっちこっち物事に乗せて散らしていく毎日ではないでしょうか?

じっくりとその感情、感覚を味わい尽くしてみてください。

「私は悔しいのだ!泣きたいのだ!我慢しないでいいのだ!うぇ~~ん!!」と。

 

この音色でこころが洗われて、すっきりとまたスタートできるといいですね。

 

<スポンサードリンク>

癒しの音楽 クリスタルボウルと雨音 「クリスタルシンギングボウル+雨音のヒーリング・瞑想・癒し・サウンドヒーリング・倍音セラピー ASMR Light-Workers」

クリスタルシンギングボウルと雨音の音楽です。

瞑想向けに振動を感じやすくなるように演奏されているようです。

これは優しい雨音とクリスタルボールがマッチして、「憂鬱な雨」と思いがちですが、雨の日も楽しめるような感じですね。

また、体全体が浄化されている気分になりますね☆

 

浄化されてたい思い・・・

「あ~昔はよかったなぁ~。どうしてこんな風になってしまったのだろう」という思いがある時がないですか?

「どうしてこんなに辛いのだろう・・・」って。

 

どうしても状態に囚われてしまうものですが、本当は良いも悪いもないのではなかろうか?

悪いと思っているだけではなかろうか?

悪いと思っている時は昔のとかく良い思い出を引っ張りだしてくるようです。

 

でも、それはそれでいいのだ~~!(バカボンのパパ風)

でいいのではないでしょうか?

エネルギーの流れであるのでどちらも大してかわらないのかもしれません。

 

思いを浄化してくれそうな音色、おススメです。

ほんと、胸がす~~っとします☆

 

<スポンサードリンク>

癒しの音楽 クリスタルボウル 「クリスタルシンギングボウルと波の音でチャクラを浄化して波動を高める癒しの瞑想用音楽 ヨガ・セラピー・マッサージ・マントラ |SilentSpaceTV」

これは鐘のような音色のクリスタルシンギングボールと波の音がプラスされた曲です。

波の音の中にアジアのようなイメージのクリスタルシンギングボール音色がマッチして、これまた落ち着きますね。

胸の奥からぶわ~っと何かか広がる?浄化する?感じがして、目を閉じて聞いているとなぜだか涙が出そうになります。

慌ただしい時代に必要な音色ではないでしょうか。

 

時代は流れても、いまだに権力を振りかざしていてニュースになることが尽きないですよね?

生きてきた年代もあるでしょうが、こんなにニュースになるのに気を付けない人もいる。

自分は違う。と思っているのかもしれませんね。

 

例えば、過去の栄光にすがりついて、まだその時代の意識のままの言動でいる。とか

仕事での対応をそのまま家庭にもって帰る。はたまた、家庭のごたごたを仕事に持ってくる。

これでは人間関係がめちゃくちゃになってしまいかねませんね。

 

でも、基本はみんな支えあって、思いやりをもって生きていきたいものですね。

与えたものが返ってくる。

全ては愛ではないでしょうか?

この音色でそんなこころの奥が現れてくるかもしれませんね。

 

この記事を書いた人

prajna(プラッニャ)

・謎のアラフィフ独身。女性。

・事務職たまに足圧マッサージもしている。

・記事を書きながら、本当は自分自身の日々のいろいろな疲れを癒していることや、気持ちのブレを自分に戻していることに気づく。